ITパスポート試験 合格

IT未経験の中年オヤジでも10日間で受かる国家資格

試験対策として使用した教材は大まかに以下の3点です。

  1. YouTube動画
  2. 書籍
  3. 過去問

1.YouTube動画

いまやYouTube動画で基本的な内容を学べないものは無いのではないかと思うぐらい丁寧な動画を上げてくださっている方が多数おられますのでIT関連の勉強するのに本当ありがたいです。

私が集中的に視聴していたのはこちらです。

非常にお世話になりました。

1本1本が長すぎず、ちょっとした隙間時間で視聴できるのが良かったです。

ITパスポート 絶対合格の講座

https://www.youtube.com/c/itpassport/featured

こちらの動画を1.5倍速~2倍速で何周も視聴していました。

最初は意味が分からなかったりなかなか内容が理解できなかったりしましたが、何回も視聴しているうちに自然と覚えてきました。

そのうち、動画のタイトルが出たところで自然と内容が思い浮かぶ感じでした。

他にもたくさんの方々から関連動画が出ているので自分に合ったものを何周も視聴するのがいいのでは?と思います。

2.書籍

書籍は本屋さんでどれにしようか迷ってましたが、ネットで調べたところ2冊に絞りました。

そのうちの一つがこれ

【令和4年度】 いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集 単行本(ソフトカバー)

もう一つがこちら

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 令和04年 単行本(ソフトカバー)

イラストが豊富にあって見やすいということで【キタミ式】を選びました。

こちらを3周ほど読みました。

最初の1週目はサラッと流す程度で分からなくてもどんどん先に進めました。

2週目、3周目と進めることで分からないことが分かるようになってきました。

疑問点があってもそこで止まらずに進めることでだんだん分かるようになってくるので大丈夫です。

書籍を選ぶ際の少し注意点ですが、私の場合は令和3年の11月に試験を受けましたので【令和3年度】のバージョンを購入しましたが、

こちらは試験に受ける直近に出版されているバージョンを選びましょう。

メルカリ等で買うと安いですが、ほかの資格試験でもそうですがバージョン違いのものを買うと新しい情報が掲載されてなかったりしたら困りますからね。

バージョンがあっていればメルカリ等で買うほうが安いのでそれはそれでいいと思います。ただ、中には書き込みされている分もあるようなのでそこはしっかりと確認したほうがいいでしょうね。

結果的に書籍とYouTube動画がそれぞれ違う方の教材となったことも結果的に良かったかもしれません。

3.過去問

過去問は資格試験を合格するにあたって非常に重要だと感じました。

まず、YouTube動画や書籍はあくまでもインプット中心となりますのでアウトプットで知識の定着をしっかりとやった方がいいでしょう。

過去問に関しましたは公式サイトで取得できますので安定して80%~90%正解するまでやった方がいいでしょう。

また、CBT方式で実施されますので経験のない方は体験しておくと本番で戸惑うことが無く実力を十分に発揮できると思いますよ。

https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

ITパスポートとは

公式ページによると

ITパスポート試験とはITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、

ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

とあります。

詳しいことは公式サイトに掲載されておりますのでそちらをご確認されるといいと思います。

資格の難易度・価値は?

IT関連の資格や技術はスキルレベル1~7まで明確な指標があってスキルレベル1~4はそれぞれに対応している資格があります。

ITパスポート試験はその中の”スキルレベル1”に属する資格で人材像としては”最低限求められる基礎知識”となります。

ちなみにITスキルレベルの詳しい解説はウィキペディアに掲載されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/IT%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E6%A8%99%E6%BA%96

ITスキル標準(アイティースキルひょうじゅん、IT skill standard、ITSS)とは、経済産業省が定めている個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化しIT人材に求められるスキルやキャリア(職業)を示した指標である。ITサービスの分野11職種38専門分野ごとに,最高7段階のスキル・レベルを設定している。それぞれのレベルについて、要求される業務経験や実務能力、知識を定義している。

合格率は50%以上と資格自体の難易度としては易しいです。

また、取得しても価値が無いともよく言われています。

ただ、公式サイトでも言われてるように社会人の方がITリテラシーの勉強のために取得することはとても意義があるのではないかと感じます。

また、IT業界に進みたい方がざっくりとでもITパスポートの勉強をすることで自分に合う合わないといった適正も判断できるのではないでしょうか?

試験に合格すると賞状がもらえることも少しモチベーションが上がりますね。

ITパスポート試験を合格することで【やればできる】と自分自身に自信を持ち、次のステップへと挑戦しましょう。

Posted by ハゲゴリ