初心者必見!基本情報技術者試験(科目A試験)テクノロジ系・ストラテジ系・マネジメント系をマスターしよう

基本情報技術者
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告

基本情報技術者試験(科目A試験)初心者向け解説

基本情報技術者試験は、日本で行われる情報技術(IT)の資格試験です。科目A試験は、テクノロジ系、ストラテジ系、マネジメント系の3つのカテゴリーに分けられます。この記事では、これら3つのカテゴリーについて初心者向けに解説します。

私自身まだ【基本情報技術者試験】は受験してないので2023年の5月中に受験しようかと思いまとめてみました。

実は仕事の都合上、2023年の4月に【ネスペ】受けましたが、午前Ⅰ午前Ⅱは合格点でしたが午後Ⅰ午後Ⅱは厳しそうです。秋は午前Ⅰ免除で【情報処理安全確保支援士】受けます。

せっかく、高度情報試験の午前Ⅰを学習したので【基本情報技術者試験】をついでに取っておこうと思いました。通年試験に変わりましたからね。

CCNAやCCNPも取りたいのですが、受験料が高すぎる…。家庭内稟議はまず通りません。

しかも業務でcisco使ってないですし…。

ステップ1: 基本情報技術者試験の概要を理解する

基本情報技術者試験は、ITに関する基本的な知識と技術を持っていることを証明する資格です。試験は科目A試験と科目B試験に分かれており、CBT方式の試験です。

ステップ2: テクノロジ系を学ぶ

テクノロジ系では、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、データベース、セキュリティなどの技術に関する知識が問われます。

  1. ハードウェア: コンピュータシステムの物理的な部分を理解しましょう。CPU、メモリ、ストレージ、入出力デバイスなどの基本的な概念を押さえておくことが重要です。
  2. ソフトウェア: オペレーティングシステム、アプリケーションソフトウェア、ミドルウェアなどのソフトウェアに関する基本知識を身につけましょう。
  3. ネットワーク: LAN、WAN、インターネット、プロトコル、ルーター、スイッチなどのネットワークに関する概念を理解しましょう。
  4. データベース: データベースの種類、データベース管理システム(DBMS)、SQL、正規化などのデータベース技術に関する知識を学びましょう。
  5. セキュリティ: 情報セキュリティの基本的な概念、脅威、対策、暗号化技術などを理解しましょう。

ステップ3: ストラテジ系を学ぶ

ストラテジ系では、情報戦略、企業活動と情報システム、システム開発、情報倫理などの知識が問われます。

  1. 情報戦略: 企業の情報戦略の立案や推進方法を理解しましょう。ビジネスモデル、競争優位性、SWOT分析などの概念が重要です。
  2. 企業活動と情報システム: 企業活動における情報システムの役割や、情報システムの種類(例: CRM、ERP、BI)を把握しましょう。
  3. システム開発: システム開発のプロセス(例: ウォーターフォールモデル、アジャイル開発)や、要件定義、設計、実装、テスト、運用・保守の各段階での重要ポイントを理解しましょう。
  4. 情報倫理: 個人情報保護、著作権、電子商取引に関する法律や規制、企業の情報管理に関する倫理観を学びましょう。

ステップ4: マネジメント系を学ぶ

マネジメント系では、プロジェクトマネジメント、ITサービスマネジメント、リスクマネジメント、コストマネジメントなどの知識が問われます。

  1. プロジェクトマネジメント: プロジェクトの計画、実行、監視、終了の各フェーズでのマネジメント手法や、スコープ管理、タイム管理、品質管理、リソース管理などを理解しましょう。
  2. ITサービスマネジメント: ITサービスの提供・運用を最適化するためのフレームワークや手法(例: ITIL)を学びましょう。
  3. リスクマネジメント: プロジェクトや企業活動におけるリスクの特定、評価、対策の立案や実行、監視を理解しましょう。
  4. コストマネジメント: コストの算定、予算編成、コスト管理、コスト削減策などの知識を身につけましょう。

ステップ5: 模擬試験で練習する

基本情報技術者試験の午前試験の対策として、模擬試験を受けてみましょう。模擬試験を通じて、自分の弱点や得意分野を把握し、効果的な学習を行いましょう。また、時間管理や問題解決スキルも磨かれます。

  1. 過去問題を利用する: 過去の基本情報技術者試験の問題を解くことで、試験の雰囲気や出題傾向を把握しましょう。
  2. 模擬試験の活用: オンラインや書籍で提供されている模擬試験を活用し、練習問題を解いて自分の理解度を確認しましょう。
  3. 弱点を克服する: 模擬試験でわからなかった箇所や苦手な分野を特定し、重点的に学習しましょう。
  4. タイムマネジメントの練習: 試験時間内に全ての問題を解く練習を行い、時間配分に慣れましょう。

ステップ6: 試験本番に備える

試験日が近づいてきたら、以下の点に注意して試験に臨みましょう。

  1. 身分証明書の準備: 試験会場で必要となる身分証明書(運転免許証、パスポートなど)を忘れずに持参しましょう。
  2. 試験時間の確認: 試験開始時間や試験会場の所在地を事前に確認し、遅刻しないようにしましょう。
  3. 試験前のリラックス: 試験前夜は十分な睡眠を取り、リラックスして試験に臨むことが大切です。

基本情報技術者試験(科目A試験)は、テクノロジ系、ストラテジ系、マネジメント系の3つのカテゴリーからなる試験です。この記事で紹介したステップを順番に進めることで、試験対策を効果的に行うことができます。模擬試験や過去問題を活用しながら、自分の理解度を確認し、弱点を克服して試験に備えましょう。

さらに、以下のポイントにも留意して学習を進めることで、より効果的な試験対策が可能となります。

  1. 繰り返し学習: 試験範囲内の概念や用語を定期的に復習し、理解を深めましょう。短期間で大量の情報を学ぶよりも、長期的に分散して学習することが効果的です。
  2. 実践的な学習: 仮想環境や実機での実践的な学習を取り入れることで、理解を深めることができます。例えば、ネットワーク構築やプログラミングを実際に行ってみると、理論だけでなく実践的な知識も身につきます。
  3. 情報交換: 同じ試験を受験する仲間や先輩と情報交換を行い、学習方法や試験対策のアドバイスを得ましょう。また、勉強会やセミナーに参加することで、新たな知識や視点を得ることができます。
  4. 正確な情報を得る: 受験情報や試験範囲については、公式サイトや信頼性の高い情報源を参考にしましょう。間違った情報に基づく学習は効果が薄く、試験に対する不安を増幅させる可能性があります。

最後に、基本情報技術者試験はあくまで基本的なIT知識を試す試験であるため、試験に合格しただけでは実務で活躍するための十分なスキルが身についているわけではありません。試験対策と並行して、実務で役立つスキルを身につけるよう努めましょう。合格後も、自分のキャリアに合わせてさらなるスキルアップを目指し、IT業界で活躍するための努力を続けてください。

試験対策として具体的にやること

科目A試験は正直これだけやっておけばいいかな?と思います。

基本情報技術者過去問道場

ひたすら解く。

最初は分野別に覚えるまで解く。

最後問題を見たら答えがすぐに出てくるまで解く。

 

不安な方はいわゆる網羅本といわれる書籍で

ひととおり頭に入れれば大丈夫でしょう。

タイトルとURLをコピーしました