基本情報科目Bサンプル問題:問5 Pythonでピタゴラスの定理を実装するステップバイステップガイド

基本情報技術者
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告

Pythonでx² + y²の平方根を求める関数の作成

基本情報技術者試験(FE試験)の午後の試験では、アルゴリズムとプログラミングに関する知識が求められます。今回は、2つの数値 x と y の値から sqrt(x² + y²)(平方根の計算)を求めるPython関数の作成について説明します。この数式は直角三角形の斜辺の長さを計算するピタゴラスの定理としても知られています。

ステップ1: 関数の定義

まずは、平方根を求めるための関数calculate_hypotenuseを定義します。これは、2つの整数xyを引数として取ります。

def calculate_hypotenuse(x, y):

ステップ2: 平方根の計算

x² + y²の平方根を計算するには、Pythonのmathモジュールのsqrt関数を使用します。また、xとyの2乗は**演算子を使用して計算します。

import math

def calculate_hypotenuse(x, y):
    result = math.sqrt(x**2 + y**2)
    return result

ステップ3: 関数の呼び出し

最後に、定義したcalculate_hypotenuse関数を呼び出して、平方根を求めます。

print(calculate_hypotenuse(3, 4))  # Output: 5.0

まとめ

この記事では、Pythonでx² + y²の平方根を求める関数の作成方法を説明しました。このような基本的な数学的処理は、Pythonのmathモジュールを使うことで簡単に実装することができます。基本情報技術者試験の対策にぜひ活用してみてください。

問題演習で知識を定着させましょう。

サンプル問題 問5

基本情報技術者試験 科目Bのサンプル問題でアウトプットしよう
解答はこちら

タイトルとURLをコピーしました