基本情報科目Bサンプル問題:問2 PythonでFizzBuzz問題を解くステップバイステップガイド

基本情報技術者
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告

FizzBuzzとは

FizzBuzzはよくプログラミングの初学者に出題される問題で、ループや条件分岐、出力等の基本的な概念を理解しているかを試すものです。問題の内容は以下の通りです。

  • 1から順に数を表示する
  • その数が3で割り切れるなら”Fizz”、5で割り切れるなら”Buzz”、15で割り切れるなら”FizzBuzz”と表示する
  • 上記以外の数はそのまま表示する

以下に、PythonでFizzBuzzのアルゴリズムを実装する方法をステップ形式で解説します。

ステップ1: 関数の定義

まずは、FizzBuzzの問題を解くための関数を定義します。ここでは、fizz_buzzという名前の関数を作成します。

def fizz_buzz(n):

ステップ2: ループと条件分岐

次に、1からnまでの数をループで回し、各数が3、5、15で割り切れるかどうかを調べます。それぞれの条件に応じて”Fizz”、”Buzz”、”FizzBuzz”を返すようにします。

def fizz_buzz(n):
    for i in range(1, n+1):
        if i % 15 == 0:
            print("FizzBuzz")
        elif i % 3 == 0:
            print("Fizz")
        elif i % 5 == 0:
            print("Buzz")
        else:
            print(i)

ステップ3: 関数の呼び出し

最後に、作成したfizz_buzz関数を呼び出して結果を確認します。

fizz_buzz(20)

まとめ

以上が、FizzBuzzの問題を解くPythonの関数の作成方法です。この問題は単純なようでいて、プログラミングの基本的な概念をしっかりと理解している必要があります。基本情報技術者試験の勉強にもぜひ活用してみてください。

問題演習で知識を定着させましょう。

サンプル問題 問2

基本情報技術者試験 科目Bのサンプル問題でアウトプットしよう
解答はこちら

タイトルとURLをコピーしました