基本情報科目Bサンプル問題:問11 配列を昇順にソートするPython関数の作成

PCでプログラミングの学習をしている猫の画像 基本情報技術者
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告

配列を昇順にソートする関数について

配列のソートは、プログラミングとアルゴリズムの基本的な要素の一つであり、基本情報技術者試験の科目Bの試験でも頻繁に出題されます。この記事では、配列を昇順にソートする関数の作成について、具体的な手順を示します。

ステップ1:ソートアルゴリズムの選択

  1. 最初に、どのソートアルゴリズムを使用するか決定します。選択肢は多岐にわたりますが、ここでは簡単さと教育的な価値からバブルソートを使用します。

ステップ2:バブルソートアルゴリズムの理解

  1. バブルソートは、隣接する要素を比較し、必要に応じて交換することにより配列をソートするアルゴリズムです。このプロセスは、配列全体がソートされるまで繰り返されます。

ステップ3:ソート関数の定義

  1. Pythonの関数を定義します。この関数は、ソートする配列を入力として受け取ります。

ステップ4:ソート処理の実装

  1. バブルソートのアルゴリズムを実装します。配列を順番に走査し、隣接する要素を比較して必要に応じて交換します。この走査は、配列全体がソートされるまで繰り返されます。

これらのステップに従うと、配列を昇順にソートする関数を実装することができます。これは基本情報技術者試験の科目Bの試験に出題される典型的な問題であり、ソートアルゴリズムの理解と実装はプログラミングの基本的なスキルです。

Pythonでのバブルソートの実装例を示します。

def bubble_sort(arr):
    n = len(arr)

    # 外部ループ:各回で最大値がリストの最後へ移動
    for i in range(n):
        # 内部ループ:先頭から順に隣接する要素を比較し、順序が逆ならば交換
        for j in range(0, n - i - 1):
            # 配列の隣接する要素を比較
            if arr[j] > arr[j + 1]:
                # ソート順が逆ならば交換
                arr[j], arr[j + 1] = arr[j + 1], arr[j]

以下はこのソート関数を使用した配列のソートの例です。

arr = [64, 34, 25, 12, 22, 11, 90]

bubble_sort(arr)

print("Sorted array is:", arr)

このコードを実行すると、以下のようにソートされた配列が表示されます。

Sorted array is: [11, 12, 22, 25, 34, 64, 90]

このようなソートアルゴリズムの理解と実装は、基本情報技術者試験の科目Bの試験に出題される典型的な問題であり、プログラミングの基本的なスキルです。

問題演習で知識を定着させましょう。

サンプル問題問11

基本情報技術者試験 科目Bのサンプル問題でアウトプットしよう
解答はこちら

タイトルとURLをコピーしました